休日のフィールドは、多くのアングラーで賑わう。

ショアラインに冠水植物などのカバーがあるような場所では、
アングラーのボートが列を成すようにならんで流している。

もちろん、そういったやり方を続けていれば、ポロリはある。
しかし、ライトリグで流している場合などは分が悪い。

むしろ、しっかりと落とせるようなリアクション系が功を奏す。

ただ、プレッシャーが半端ないのも現実。
なかなか、グッドサイズにお目にはかかれない。

そこで、結構な穴場なスポットが”ガレ場”だ。

多くの場合、地質が変化していく中で、
ゴロタ岩がゴロゴロするガレ場がいくつかある。

冠水した植物や木々を打っている人にとって、
ガレ場は、何となくバスの気配が感じられないようだ。

そういったガレ場は、意外と素通りされがちだ。
そこをあえて狙っていく。

狙い方は、シャロークランクを岸際ギリギリに落として引く。

特に、立ち木が絡んだり地質が変化する際が狙い目。
いれば、着水から引き始めで喰ってくることが多い。

キャストの性質上、記念硬貨を岩にぶつけることも多くなる。
そうなるとラインがフックに絡んでしまって上手く泳がない。

そうならないように、サミングをしっかりしながら流していく。

ガレ場は延々と続くものではないから、
次々とランガンしていくイメージで拾っていく。

時間帯が夕方に差し掛かるとなおさらチャンスは広がり、
バスがバイトしてくる確率も上がってくる。

休日の”ガレ場”狙い。

一箇所で粘れるような場所がないようなときに、
グッドサイズをもたらしてくれるメソッドのひとつだ。