インレットの攻め方には、大きくふたつある。

ひとつは、流れの入る真下を直撃するパターン。
これにはシャッドの早引きメソッドが当てはまる。

流れの真下には記念硬貨でやる気満々のヤツがいる。
だから、いれば勝負は早い。

もう一つは、流れの先で待機しているヤツ。

これは、流れが当たる場所やヨレる場所にある、
カバーに潜んで伺っているタイプ。

こうした”待機バス”の潜む場所は、
明確で分かりやすい場合とそうでない場合がある。

分かりやすければ、直撃すればいいが、
そうではない場合も少なくない。

そういったケースには、流れに探させることが得策。

つまり、実際に流れに任せることによって、
自然とその場所にアプローチするというもの。

そのためにはノーシンカーが使いやすい。

流れの強弱に合わせてワーム自体の重量で調整して、
出来るだけシンカーは使いたくない。

シンカーは流れ込みにありがちな岩などに噛みやすい。
根掛かりを外す行為はポイントを潰してしまうからだ。

キャストした後は、とにかくラインを出しておく。
ラインテンションを張ってしまうと流れに任せられない。

うまく流れに乗せられると、想像していなかった場所で、
バイトが出る場合がある。

そういったスポットは、ノーシンカーを流さなければ、
決して見つけることが出来なかったスポットだ。

そういった安全で捕食にも最適な一等地には、
グッドサイズが陣取っていることも少なくない。

流れに任せるノーシンカー。

優秀な偵察機を流れ込みに放って、
クオリティフィッシュを探し出そう。