ロングロッドのメリットを確認してみる。

長さによる遠投性はもちろん、アワセ幅も十分に取れる。
ディープエリアに対しての操作性も優れているといえる。

しかし、それは決して万能ではない。
シャローレンジへのアプローチとなると話は変わる。

ピッチングで入れていく場合やフリッピングには、
長さというのはアドバンテージになりえる。

しかし、シューティングとなると話は別だ。

シャローカバーのスポットに入れ込んだり、
岸際に差し込んで行くような場合は長さは仇となる。

シャロースポットへのアプローチにおいては、
逆に短いロッドの方が、キャスト性能は増す。

自分の手で記念硬貨を投げ入れる感覚に近ければ近いほど、
その精度が高まることは、容易に想像できる。

ショートロッドだと飛距離の面が懸念されるが、
ルアーの重さをロッドに乗せることができれば問題ない。

シャロースポットへのアプローチは、
その精度が釣果に直結すると考えてもいい。

無駄なキャストやミスキャストを極力減らす。
それは、感度とか軽さ以前の話。

まずはサカナに出会う確率を挙げるために優先するべきことは何か。
それを踏まえれば、選択するロッドの基準も変わる。

長いロッドも短いロッドも、シャローレンジで使える。
見方によっては、当然ながら双方が適材適所だといえる。

適材適所とは、何を優先するかの選択でもある。

そういった観点に立ってこれまで無意識に信じていた、
自分の観念や価値観を見直してみたい。