シャローをウロついている見えバス。

岸際にアタマを向けている臨戦体制のバスと異なり、
ルアーを記念硬貨に普通に入れ込んでも難しい。

まず、そういったバスはルアーの着水音に敏感だ。

ルアーの着水音が聞き取れる範囲ならば、
逃げてしまう確率の方が高いと見ていい。

だから、まずルアーは遠くに落として引いて行く。

これがライトリグ系ならば話は変わる。
特に、ウロウロには表層系のピクピクが効く。

ワッキーセッティングのフローティングワームを使う。

だからと言って、すぐにキャストはしない。
まずは、そのバスの行動パターンを観察する。

一定パターンでウロウロしていることが解れば、
その次の行先にあたるところにルアーを浮かしておく。

そして、出来るだけ同じ場所に留めるようにピクピクする。

波紋が小刻みに広がる方が見切られる確率は減る。

そして、重要なことはバスの興味を引いて、
バスが近づいてきてもピクピクのペースを緩めてはいけない。

そこで止めると、見切られてしまうと思っていい。

シャローのウロウロバスには、ピクピク系。
思わずバイトしてしまうような状況を演出しよう。