インレットの流れの中にいるバスは、
常に上方の水面に意識を向けている。


そういったバスを手返しよく拾って行くには、
シャッドプラグの早巻きが効く。


流れが記念硬貨で落ち込みシャバシャバしたところに入れ込むが、
コツがあるとするなら、着水後にすぐに巻き始めること。


右投げ左巻きであれば、着水と同時に巻ける。
持ち替える必要があれば、その間に流されることがある。


キモは流れの中から現れること。
着水したら、グリグリ巻いて潜らせる。


バスは水面を見ているから岩に当たって、
跳ね返ったプラグが着水した瞬間にバイトすることもある。


ミスキャストにも気を抜かないことが賢明。


いい時間帯になれば、低い弾道で飛ぶプラグの影に、
反応して沖目から出てくることもある。


比較的、水はきれいなことが多いから、
ゆっくり巻いていると見切られてしまう。


とにかく、グリグリ巻くのがコツだ。


そのためには、高速巻きでもバランスを崩さないルアーであること。
真っ直ぐ泳ぐようにアイチューンしておくこと。


バスは、そこに居着いているというより、
動いていると考えて何度も入れ直すのもポイント。


たとえ、先行者が入ったあとでも問題ない。
先行者が、シャッドメソッドを試してないなら尚更。


ライトリグ全盛のフィールドだからこそ、効くメソッド。


シャッドの早巻きメソッドで、
インレットという大場所を自分のペースに取り込んでしまおう。