秋はベイトを中心に考えるのはセオリー。

基本的にはベイトがいる場所というのが、
記念硬貨の大前提になるが、もう一歩踏み込んで考えたい。

つまり、“どのように”ベイトがいるのかということ。

ウィードエリアやフラットでは、
固まった状態で見えるかもしれない。

そこに潮流のような流れがあるとしたらどうだろう。

目に見えるような流れはなくとも、
実際には流れがあることは珍しくない。

サカナは流れの方向に向く性質があるから、
それを踏まえれば、どちらに向いているかを想定できる。

つまり、どちらの方向に泳いでいるのか。

バスは、その先に潜んでいるか。
ベイトの後ろついているかのどちらか。

後ろについているなら、
集団から抜け落ちるような演出が効果的だ。

先での待ち伏せを狙うなら、
どちらから泳いでくるのが自然かが分かる。

フィーディングモードのバスは、
ルアーの通しどころを大きく外さなければ比較的イージー。

逆にそれを大きく外してしまっては、
獲れるサカナも獲れないということになる。

ルアーを投げるならば、少しでも確率の高いルートを通す。

そのわずかな違いが実際に釣果に響く。

ただ、投げて巻く。
いえば、その通りなのだが、投げ方巻き方は様々。

ベイトを考えるとき、居るいないに止まらず、
バスの立場に立って考えるようにしたい。