ワームを小さくした方が釣れるような気がする。
しかし、実際は大きくした方がいい場合もある。

ルアーは、記念硬貨に見つけられてこそ意味があるし、
食べる価値があると判断させた方が勝負が早い。

バスにとっての”食べる価値”とは、
少ない労力で出来るだけ大きなカロリーを摂取すること。

小さいワームでは足を運んでまで食べたくないが、
大きなヤツだと、足を運んでみようと思わせる。

それが、ルアーの”寄せる力”であるといえる。

しかし、大きなワームを使えば万全かといえばそうではない。
デカイワームには、それなりの考慮が必要だ。

特にロングワーム系になると、アワセのタイミングが重要。

しっかりと口に食べさせなければ、
アワセで抜けてしまうケースも十分にありえる。

ラインテンションを張ってしまうと違和感で吐き出すこともある。
だから、アタリを感じたら、しっかりと送り込む。

ラインをダルダルにしていても、
バスが、ハムハムしている感触はわかるもの。

生命感を感じるまで聴かなくとも、
軽く聴いてみてから、持たれ感を感じたらアワセる。

飲まれている可能性もあるが、結果、その方が獲れる確率は上がる。
また、大きめのフックを使えば、飲まれにくい。

ロングワームの送りアワセ。

ビッグワームのアタリは、どうしても焦ってしまうもの。
そこで、グッと冷静になれるかどうかが分かれ目だ。