バスを簡単に釣る方法をいうならば、
”やる気のあるバス”を狙うことだということができる。


”やる気のある記念硬貨”とは、フィーディングモードであり、
彼らは、カバーやストラクチャーに潜むようにいる。


そういったバスに、いかに効率よくアプローチするか。
それが、バス釣りの基本的な考え方だといえる。


そして、その効率性のパターンを考えられたものが、
ルアーのタイプやリグの種類だ。


”効率性”と”手返しの良さ”と思われがちだが、
それは、隔たった見方だともいえる。


当然、スローであっても、効率的な場合もあるし、
ライトリグの方が効率的な場合もある。


そのTPOを無視して、とにかくライトリグとなれば、
それは、バス釣りの面白さを自ら遠ざけているといえる。


実際、ライトリグでは反応が薄い場面で、
プラグやビッグワームで釣れてしまうケースは少なくない。


それは、バス釣りのもうひとつの側面である、
”確率のゲーム”ということでもある。


”やる気のあるバス”に出会う確率を上げるには?


場面場面でバスの状態がイメージできなければ、
その答えを導き出すことは出来ない。


ルアーありきで戦略を立てるのではなく、
バスの状態ありきで戦略を立てる。


様々な状態がありえる季節だからこそ、
そういったアプローチが上達の糧となるのだ。